【感想/評価】シャン・チー/テン・リングスの伝説 ネタバレあり

映画
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

久々の映画解禁でエターナルズを見てから、シャン・チー/テン・リングスの伝説とブラック・ウィドウを見たので、早速【感想/評価】をご紹介していきたいと思います!

あらすじ

引用サイト https://marvel.disney.co.jp/movie/shang-chi.html

犯罪組織のボスである父親〔 トニー・レオン 〕は、小さい息子を幼い頃から厳しい訓練をさせてきた。組織の後継者にすべく誰にも負けない最強の強さを作るために。日々の訓練を重ね、成長したシャン・チー〔 シム・リウ 〕は強くなり、任務を与えられて家を出ます。

しかし自らの力を封印し、犯罪組織の家に帰らずサンフランシスコへ。過去の自分と決別し、平凡なホテルマンとしての生活を送りだします。

そんなある日、妹からの手紙を受け取ります。その手紙には何も書かれておらず「マカオ」の住所が書かれていた。その後親友で同僚のケイティと仕事へ向かう途中、父親がボスである犯罪組織に襲われますが、鍛え上げられた驚異の戦闘力にケイティは唖然。

シャン・チーはマカオにいるであろう妹シャーリンが心配になり、ケイティとともにマカオへ。
現地では地下闘技場を経営する妹シャーリンと再会を果たすのですが、そこへ父が現れます。

シャン・チー、ケイティ、シャーリンは、犯罪組織のアジトに連れて行かれ父の驚くべき計画聞きます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

評価

ストーリー性 ★★★
キャラクター性 ★★★☆
意外性 ★★★☆
アクション ★★★★
映像/CG ★★★☆

〔 MAX★5段階評価 〕でつけています。

例外としてMAX★5overなものもありますが。

今回は5overはありません。

それで早速〔魅力/理由〕について解説していきます。

◆ ABEMAプレミアム 購入不可/レンタル可( 12月10日以降〜 )◆

ストーリー性/ 3.0

自分の生い立ち、宿敵からの脱却!
そこで解放される真の力、またシャン・チーとしても、父からも認められテン・リングスを授かる。

というストーリーですが、『序章」『第1作』を考えれば、悪くないですよね。
これ2作目、3作目だとかなり期待したのに、なんか物足りないなぁってなりそうですが。


そもそもシャン・チーって?テン・リングスって?という人が多い中では外せない物語であり、その中で描いた<戦い><新ヒーロー>となれば、申し分ない内容だったんじゃないかと!

個人的には父との熱い共闘=トニー・レオンとの親子共闘が見たかったですね!

キャラクター性/ 3.5

これは、評価悩みました。
結構見た目は平凡なシャン・チーだったので(もちろんアクションは最高でした!)、でもアジア系ヒーローという新しい試みや今後の期待を込めて、3.5としました。


でもなんかいいですよね、シュールな笑いというのか。
ベタだけど、そーゆうヒーローがいても面白いというか、かっこいいだけじゃない。
マーベルにもいろんなヒーローがいるってなんかいいと思います。

引用サイト https://www.youtube.com/watch?v=k4AORycRAPw


コメディ系!?といえばデッドプールも思い出しますが、それとも違うし、なんかシュール。
そしてドクターストレンジのウォンともなんかめちゃくちゃ合いそうでしょね。〔実際カラオケとかあってましたけどw〕

意外性/ 3.5

懐かしのキャラが出てくるとか、ウォンの登場とかプチサプライズがちょいちょいいいですね。


あとは妹w 小さい頃はすごくかわいくて、曲がらないそうな強い味方になりそうと思ったのに。
父親よりでもないけど、どっか違う方向向いてるというか。
ラストもね、、解体してるって言ってたのに、再建してましたからね。結構曲者でしたね。

引用サイト https://marvel.disney.co.jp/movie/shang-chi/character/xialing.html


あと今回は父親が宿敵ともなっていましたが、真の敵が魔物〔モンスター〕ってのがびっくりでした。人間的な敵が多いなか、、魔物なんだ!?という。しかもどこともつながりのない独立感じが。
あのリングスも見たことないなんて話してましたけど。

マーベルにたくさんの分岐をもたらす一つの軸となりそうですね。

アクション/ 4.0

アクションはかっこよかったですね!
これはすごかった!想像以上の迫力でめちゃくちゃ楽しめましたね!
ビルの戦いとかはもうハラハラしましたけど。


あと型っていうんですかね。めちゃくちゃ綺麗!!
しかもあの型をやってると、テン・リングスを操ることに通じてるってのが…個人的には『 鬼滅の刃 』の竈門炭治郎が使うヒノカミ神楽を思い出しましたね。(ヒノカミ神楽とは…父が儀式に使う時に舞う踊りであるが、これが鬼を断ち切る大きなカギとなっていく)

アクションはどのシーン見てもよかったですね!!

映像・CG/3.5

これはもうほぼアクションとは離せないものですが、テン・リングスアクションがとにもかくにもかっこいいし、見てて気持ちがいいくらい爽快でしたね!!

これだけでも次も見に行きたい!!それくらいテン・リングスの戦闘はよかった!!
モンスターや魔物の戦闘は、少し見劣りはしましたが、次回はウォンがいますし、もしかすると他のヒーローの登場もあるのかもしれないと思うと期待で胸がわくわく止まりませんね!!

総評/まとめ

アクション、CGを中心とした戦闘がめちゃくちゃかっこいい!!
個人的には、もっと戦闘や迫力ある大舞台が欲しかった。
あとストーリーが個人的には、素材がいいだけにもっといい展開/バトルにもできたんじゃないかなという思いはありますが、この辺は次回作に期待して!!

もっとシム・リウのテン・リングスアクションが見たいですね!!

今日も最後お読みいただきありがとうございました!

オススメの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました