【比べてみた】歴代スパイダーマンの経歴やプロフィール、最近の出演映画など一挙公開!

映画
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

スパイダーマンといえば、いまやアメコミの古参ヒーロー。
かつ大人気ヒーローのひとりでもあります。

引用サイト https://www.spiderman-movie.jp/

そんなスパイダーマンは、これまで3度の映画シリーズが生まれてきました!
一つ目はトビー・マグワイア、二つ目はアンドリュー・ガーフィールド、3つ目がトム・ホランドです。
次のMCUスパイダーマンの3作目(上の画像)では、3人のスパイダーマンが集結するのでは?という噂もあります。

今日はそんな歴代スパイダーマンを演じた3名のプロフィール、経歴、主演作をご紹介いたします。

アメコミ映画を観るなら<U-NEXT>

サムライミ版 スパイダーマン主演 トビー・マグワイア

引用サイト https://bebemobile.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

サムライミ版スパイダーマンの特徴

① ウェブシューターを使わないスパイダーマン
② スパイダーシリーズで1番のモブキャラタイプ
③ お調子者要素は最も控えめながらもファンからも人気のシリーズ

ここが特にオススメポイント

① 他のスパイダーマンに比べて、見た目ががっちりしていおり、パワフルな肉弾的なアクションが一つの持ち味。
② ヴェノム化した時ブラックスパイダーは、いつもとは違うピーター(トビー)が見られる!
③ 3作目で描かれる友情が熱い!

トビー・マグワイアとは

引用サイト https://www.cinematoday.jp/page/A0007860

名前/ トビーマグワイア(Tobey Maguire)
出身/ アメリカ カリフォルニア州サンタモニカ
生年月日/ 1975年 6月 27日
職業/ 俳優
デビュー作/ 1993年「ボーイズ・ライフ」
代表作 2002年/「スパイダーマン」

<出演作品>
・『ボーイズ・ライフ』(1993)
・『アイス・ストーム』(1997)
・『カラー・オブ・ハート』(1998)
・『サイダーハウス・ルール』(1999)
・『スパイダーマン』(2002)
・『スパイダーマン2』(2004)
・『スパイダーマン3』(2007)
・『マイ・ブラザー』(2009)
・『華麗なるギャッツビー』(2012)
・『完全なるチェックメイト』(2015)
・『ボス・ベイビー』(2017)

三部作の一作目が公開されたのは20年前、当時27歳。
現在45歳となっている。


最近は、俳優としてのシーンは見られないが、プロデュース業に力が入っているよう。
『ロック・オブ・エイジズ』(2012)、『死の谷間』(2015)、『ゲットデュークト!』(2020)、『バビロン/Babylon』や『マクレーン/McClane』などにも名を連ねている。

アメージングスパイダーマン主演 アンドリュー・ガーフィールド

引用サイト https://www.wallpaperbetter.com/ja/hd-wallpaper-pdbvs

アメイジングスパイダーマンの特徴

① 歴代の中で1番のイケメンスパイダー
ウェブシューターを使うヒーロー
③ 他のスパイダーマンと性格を比較すると以外にもネガティブより

ここが特にオススメ

① 叫ぶスパイダーといえば彼が一番カッコいい!
② 哀しみ背負う哀愁と涙のヒーロー
エレクトロとの迫力ある戦闘の映像美!!

引用サイト https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/
series/a750/ikemen-andrewgarfield/


名前/ アンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield)
出身/ アメリカ/ロサンゼルス
生年月日/ 1983年8月20日
職業/ 俳優
デビュー作/ 2007年「大いなる陰謀」
代表作/ 2002年「ソーシャル・ネットワーク」「アメージングスパイダーマン」etc

<代表作>
・『BOY A』(2007)
・『大いなる陰謀』(2007)
・『ブーリン家の姉妹』(2008)
・『レッド・ライディング』(2009)
・『Dr.パルナサスの鏡』(2009)
・『アイム・ヒア』(2010)
・『私を離さないで』(2010)
・『ソーシャル・ネットワーク』(2010)
・『アメイジング・スパイダーマン』(2012)
・『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)
・『ドリームホーム 99%を操る男たち』(2014)
・『ハクソー・リッジ』(2016)
・『沈黙ーサイレンスー』(2016)
・『ブレス 幸せの呼吸』(2017)
・『アンダー・ザ・シルバーレイク』(2018)
・『メインストリーム』(2020)

アメイジングスパイダーマンの前にブレイクし、アメイジングで一気にスターダムへ?!そのあとも話題作『ソーシャル・ネットワーク』や『沈黙ーサイレンスー』に出演。沈黙ーサイレンスーでは、カイロ・レン役を演じたアダム・ドライバーや窪塚洋介とも共演した。

MCUスパイダーマン主演 トム・ホランド

引用サイト https://www.hikaritv.net/news/article/20170814.html

MCUスパイダーマンの特徴

① アメコミに忠実!?歴代No.1のお調子者
ナノテクスーツや最高技術を合わせたスパイダースーツ
親しみやすく一番観客に近いヒーローに感じる

ここが特にオススメ

① スーツのかっこよさ!特にナノテクスーツでの変身がとにかくかっこいい!
② なんだかんだお口達者なトムホ!でも最後の最後まで諦めない感じがなんかかわいい!
思わぬトラブルメーカーなトムホピーター!クスッとしてしまうシーンがまたいい!

引用サイト https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/ce
lebrity/series/a750/ikemen-andrewgarfield/

名前/ トーマス・スタンリー・トム・ホランド(ThomasTom Holland)
出身/ イギリス/ロンドン
生年月日/ 1996年6月1日
職業/俳優
デビュー作/ 2012年「インポッシブル」
代表作/ 2016年「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、2018年「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、2019年「アベンジャーズ/エンドゲーム」「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」etc

<出演作>
・『借りぐらしのアリエッティ』(2011)
・『インポッシブル』(2012)
・『私は生きている』(2013)
・『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』(2013)
・『白鯨との闘い』(2015)
・『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)
・『ウィンターストーム 雪山の悪夢』(2016)
・『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』(1026)
・『レジェンダリー』(2017)
・『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)
・『エジソンズ・ゲーム』(2017)
・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)
・『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)
・『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)
・『スパイinデンジャー』(2019)
・『ドクター・ドリトル』(2020)
・『2分の1魔法』(2020)
・『チェリー』(2020)
・『カオス・ウォーキング』(2021)
・『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)
・『アンチャーテッド』(2022)

たくさんの映画に出ていますね!
今旬な俳優のひとりということですね!
結構タイトル知ってるけど、出てたんだ?!という映画もありますし、結構アベンジャーズ共演が他の作品でもあったんですね!

トム・ホランド出てるから今回を機に見てみたいなと思う作品が多々ありますね!
見たときはレビュー評価記事書きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございました!!
これからも映画・マンガ・アニメを中心にエンタメ系雑記ブログを書いていきます。

トム・ホランド/スパイダーマに関するブログ・記事はこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました